味噌汁の霊圧が消えた

a0002_010854

夕食時、熱々の味噌汁を食卓に置いたわけですよ。

ですが食べ始めるとどんどん冷めていくわけです。

味噌汁だけでなく、おかずの野菜炒めもどんどん冷たくなっていくのです。

……なんか、食べながら追い立てられていく感覚になりまして。

冷めきるのが先か、食べきるのが先か、みたいな、食事というかハンティングされる獣の気分ですね、これは。

もちろんハンター側はこの寒さです。ご存知のように、暖冬から一気に覚醒した冬将軍がこの数日猛威を振るいまくっておるわけでして。我がボロ家などは暖房つけているのに温度計を見ると室内でも10度切っていたりします。暖かいのは暖房の直前のみ、というありさまで。なんかやっぱり妖怪いるんじゃね? この部屋絶対妖怪ぶるぶるとかいるよね? 助けて鬼太郎! ホッカイロ山程持って助けに来て! ホッカイロだけ置いてってくれたらそれでいいから!

正直予備の灯油ストーブに切り替えようかなと思ったくらいです。灯油ストーブは強力ですけど灯油の消費がファンヒーターよりずっと早いのであまり使いたくないんですよね。

今夜でひとまず最強寒波も一段落らしいので、なんとかこのまま乗り切るつもりです。

ごめんやっぱ鬼太郎いいや。もう妖怪と仲良くやるよ!

……とか、そんな事を考えつつ食事を進めていた私だったりしましたが、やっぱり味噌汁もおかずも食べきる前にすっかり冷めていたのでありました。

食事に影響するのも、なにげに嫌ですね、寒波。(;´Д`)

スポンサーリンク

フォローする