いい年こいて鼻からネギが出た

ご飯食べていたんですよ、ごはん。

冬だし寒いしやる気は出ないしで、もうご飯くらいしか日々の楽しみがないわけです。我ながら無味乾燥な日々を過ごしているなとは思いますが、乾燥するのもそりゃ冬だからね、しかたないよね、という事で納得してます。そうです。冬は意識すら乾燥するのですよ。困ったもんです。

で、それはともかくご飯食べてたんですよ、ごはん。

おかずはニンジンを細切りにしてしめじとかえりんぎと一緒に炒めたものに卵を加えて更に炒め、卵が炒り卵状になったらできあがり、という炒めものです。これ好きなんですね、私。ニンジン1本位なら余裕で食べることができます。ベータカロテンが足りないと思っている方におすすめします。そして味噌汁は豆腐とわかめと油揚げと薄いいちょう切りにした大根です。味噌汁の具はこの組み合わせが好きで、よく作ります。それらの好きなものを食べる、という食事の時間は、そりゃーもーおっさん的には幸せタイムですよ。所詮は日々の食事かもしれませんが、そういう所にこそ小さな幸せを感じないといけないと思うわけです。大きな幸せなんてそうそう来るものじゃないですからね。というか、前に大きな幸せ来たのっていつだっけ、とか迂闊に思ったりすると、途端に凹みますからね。幸せも取り扱いに注意が必要なわけですよ。

……なんか気づけば前置きが長くなってしまいましたが、とにかくそんな小さな幸せを感じつつ味噌汁飲んでたら、急にむせたんですね、ゲホゲホと。特に驚いたとか笑ったとか、理由もなく、急にむせちゃったんですよ。たぶん妖怪の仕業だと思います。おのれ妖怪め。

おかげで小さな幸せタイムの食事もしばし中断しまして、ゲホゲホやってたんですが、なにやら鼻に違和感を感じたので、ティッシュで鼻をかんだら、ぽろっと出てきたんですよ、ネギが。ネギが鼻から。ちょっと太めに切られた千切りのネギが。あー、私ネギの千切りってあんまし上手くないんですよね。間違いなく私の切ったネギですよこれって。はっはっは、まいったなー、鼻からネギでちゃったよー。はっはっは。

……なんか、台無しでした。今日の小さな幸せタイムが。

ネギって、意外と鼻の粘膜に染みますね。今日はその事を学びました。学ばなくてもこれっぽっちも困らない知識です。知識どころか実践で身体が体験しましたからね。

しかしよりにもよってなんでネギが鼻に逆流してきやがりますかね。これはもうネギの反乱ですよ。ネギ許すまじですよ。今度食事で出会ったら、仇とばかりによく噛んでやろうと思います。

そんなこんなで、しばらくの間、私の宿敵はネギです。

これってある意味ドラマティック……なわけないか。

スポンサーリンク

フォローする