蚊よけにもハッカ油

mushi_katorisenkou

台風が何度も来て水たまりが増えたせいか、朝晩などは庭に出ていると結構蚊が寄ってくるようになりました。草取りもそろそろまたしないといけません。

そこで今日は夕方から蚊取り線香を焚いたのですが……

今日から新しく、ドラッグストアで買った10巻で198円という格安の蚊取り線香を使ってみたのです。それでこれがまた、なんというか……焚いてみたら妙に蚊取り線香っぽくない香りがしたんですね。

大体蚊取り線香を焚いた香りというのは、誰もが想像つくでしょう。なんとなく郷愁を誘うような、懐かしいような、あの香りです。ですが、この198円の蚊取り線香の煙ときたら、普通に紙くずでも燃やしたみたいな香りがしたんですよね。火をつけてすぐに「ん?」と眉をしかめました。よーくよく煙を吸い込んで嗅いでみると、確かにそこはかとなく蚊取り線香の香りっぽいものも混じってるんですが、かなり普通の煙っぽい感じです。なんか嗅いでいたら若干気持ち悪くなってきたので、たぶん蚊にも効くだろうと一応納得してはみたんですが、妙に腑に落ちない香りでした、この198円の蚊取り線香ってば。

そんな事があったから、ってわけでもないでしょうが、本日のためしてガッテンは蚊のお話でしたね。それによると、蚊は足の裏の常在菌の種類が多い人に寄ってくるんだとか。別に足の裏が臭う人、というわけではなく、単純に足の裏の常在菌の種類が多い人が、よく蚊に食われる傾向があるそうです。

それと、ハッカ油を水で薄めた液体は、蚊避けとしても効果があるそうで、露出している肌の部分に霧吹きでシュッとやっているだけで蚊が寄ってこなくなるそうです。おお、蚊避けにも効果があったんですかハッカ油ってば!

ただ、香りが薄れてくると効果も薄くなるとの事なので、こまめにシュッシュしないとだめみたいですね。今度庭の草取りする時にでも試してみましょうか。朝晩に網戸に吹きかけても良さそうですね。

こりゃーますます夏はハッカ油を有効活用しないとですな!

なんかイマイチ納得出来ない香りの蚊取り線香なんて焚いてる場合じゃないですよ! いやまあ焚くけどさ!

スポンサーリンク

フォローする