蚊に食われたら50度以上で温めると痒みが軽減する

mushi_katorisenkou

蚊に刺されたら、50度以上の温度でその刺された部分を温めると痒みが収まるというのをTVで知って以来、試せる時はそれを試しています。

これは、蚊の唾液に含まれる痒みの成分が熱によって壊れる温度が約50度だから、というメカニズムらしいです。

50度、っていうのが微妙なラインですよね。お湯じゃかなり熱めですから、お風呂でそれをやるのはちょっとキツイです。50度のお湯を作ってそれに患部をひたす、という方法もありますが、まず50度のお湯なんて温度計がないと感覚だけじゃ難しいですし、指とかならともかくふくらはぎの裏、とか微妙なハニースポットを刺された場合は、お湯にひたすのがなかなか難儀です。洗面器にお湯を張ってふくらはぎの裏のみをお湯につける、なんてポーズを取るのはかなり難しいんじゃないでしょうか。ヨガの達人なら簡単でしょうか。いやまあ、ヨガの達人なら口から火を吐いてそれで温めた方が早いと思いますけれど。

なので私は、この方法を試す場合、蚊取り線香の火を刺された患部に近づけるようにしています。いわばお灸みたいな感じですね。刺された後、患部がやや膨らんできた頃合いで、それをやります。刺された直後だと刺されたその場所がはっきりしないので、膨らんできた頃が良いです。じんわりと熱を感じてくると、確かに痒みが薄れるんですよね。で、痒みが無視できるレベルになるまで、蚊取り線香の火を近づけたり離したりを繰り返します。

蚊取り線香がないなら100円ライターの火でも良いですし、タバコを嗜む人なら、タバコの火でも良いでしょう。痒みも軽減するし、お灸効果で元気になるしでウハウハです。いやまあ、お灸効果は知りませんが。

家だとその後で一応塗り薬も塗ったりしてます。

ただこの対処方も、背中とかだと自分じゃできないんですよね。

その場合は、誰か適当なパートナーにやってもらいましょう。

「ふふ、熱いでしょう? 熱いわよね? 熱いってお言いこのゴミムシめが! 醜い声と顔で卑しくおねだりしてごらん!」

などと罵声を浴びせられながらだと、その筋の方にもお喜び頂けるでしょう。素敵!

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. ラリルレロ より:

    これはいい情報!
    是非試したいと思いますヽ(´▽`)ノ
    冬に余った使い捨てカイロなんかもいけますかね・・・?

    • 使い捨てカイロでも、50度を超えるくらいの温度であればいけると思います。
      私の経験だと50度よりもうちょっと熱め、くらいの方が効果が高いですよ。
      体内に入った蚊の唾液を50度以上にしないといけないので。