新作脱出ゲーム「サンカクノマジナイ」公開!

新作脱出ゲーム「サンカクノマジナイ」公開しました。

sankaku01

このリンクから行けます。

PC版スマホ版の零式改.comのトップページにも既にリンクは貼ってあります。表示されない方はページを再読み込みしてみてください。

去年辺りからやっているように、本作もまたHTML5+Javascriptで作ってあります。PC、スマホ共用です。今回はページのレイアウトも少々いじりました。他のHTML5版脱出ゲームも同じレイアウトに合わせて修正しています。FLASH版の旧作群はそのままですが、もうFLASH版のゲームについては手を加えるつもりがないので、このままですね。^^;

今回の「サンカクノマジナイ」はホラーになります。が、視覚的に訴えるような怖い画像とかはほぼありません。最後までやってもらえればわかりますが、心情的に後味のあまり良くないオチのホラーテイストストーリーといった感じです。B級の短編映像作品とかにありそうな雰囲気とでもいいますか、そんな風味ですね。

呪いと書いてマジナイと読む。でもやっぱりノロイだよねー。ノロイって言うとガンバの大冒険のノロイを真っ先に思い出すのはおっさんの印だよねー。そんなの今作と全然関係ないけどねー。

ちなみに……

三角形というのは非常に安定した形であり、3すくみや3人寄れば文殊の知恵、などといった言葉にもあるように、バランスの良い数字であると言えます。

「3」という数字自体も結構重要な数字でして、日本ではそんなに3という数字は重要視されませんが、海外、特にキリスト教圏では父なる神と子なる神、そして聖霊が一体であるという「三位一体(さんみいったい)」の教えがあり、3にして1つ、1つにして3、という考え方は神秘性があるものとして捉えられているわけです。祈りの言葉にもありますよね「父と子と聖霊の御名において……」ってアレです。

他、これらの「3」と「三角形」にまつわる神秘性については、三角形の中に目を描いた宗教的意匠である「プロビデンスの目」やら、皆さんおなじみのピラミッドやら、果てはフリーメイソンの陰謀に至るまで、色々と話を広げることができる要素でしたので、当初はそれらを今回のゲームにもテイストとしてぶちこもうとしていました。が……それをやるとテキスト量が3倍位になってしまいそうだったので、こりゃイカン、チョーシこいたら絶対イカン、と必死に自重したのです。今回はそんないきさつがあったりします。今にして思うと、どこかから放たれたアヤシイ電波を受信しそうになっていたのではないかと考察する次第です。危なかったよ!

そんな毒電波からの精神的侵略にもめげず、無事に「サンカクノマジナイ」を世に放つことができました。これも普段の精神的修養の賜物だと自負しています。死んだ目をして変な本を読んだりゲームしたりしている日頃の精神的修養の効果は非常に高いですね! みなさんも是非! 日々脳細胞に変なシワを刻めばいいじゃない!

……とまあ、大抵いつもそんなノリで作っております、当サイトのゲームは。

そんなこんなで新作脱出ゲーム「サンカクノマジナイ」どうぞ召し上がれ! なのです!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ハヤテ より:

    早速プレイ!

    悩み中です(笑)

  2. ハヤテ より:

    と思ったらサクっとクリア!

    エンディング、そういうことでしたか~(^_^;)

    • そういう事らしいです
      と言ってもあくまで主人公の憶測でしかないので、もしかしたら他の要因かもしれません
      あるいは呪いなんてもの自体がただの思いこみかもしれません
      正解はプレイヤーの皆さんの胸の中に!(ブン投げ)

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)