大雑把な草取り

初夏というかそろそろ梅雨の時期ですので、庭の雑草が本気を出し始めています。

image1

上の画像はうちの庭の一角なんですが、細かい雑草が一気にわーっと芽吹いてきました。これで2~3週間も放っておくと、立派な小型雑草ジャングルに成長します。この場所は一日の半分くらいは木陰になるような半日陰であり、水はけもあまり良いとはいえない所なので、画像ではわかりにくいですが、ちょっとコケまで生え始めてきている始末です。いけません。けしからん事です。

が、こんな所の雑草をいちいちチマチマ手で取っていたらキリがありません。真面目に日が暮れます。その上蚊に食われます。踏んだり蹴ったり蚊に食われたりです。たまったものじゃありません。

ではどうするか?

image2

こうします。

剣先スコップで雑草ごと地面を薄くすくい取り、その場にひっくり返すのです。

肥料や石灰などを撒いておいてから手押しの耕運機かなんかで一気に耕し、地面の下と上をひっくり返す、いわゆる天地返しを行えば本当はそれが一番いいのですが、そもそも耕運機なんて持ってないですし、そこまで本気になってやる気もありません。

だったら手作業で鍬かなんかで……という手もありますが、これまたそこまでやる気がないのと、あとなんといっても私は腰に爆弾抱えているので、あんまり労働をしたくないのです。というか、剣先スコップで地面の表面をひっくり返す作業も長時間続けていると、たちまち腰に違和感が発生してですね……(;´Д`)

ここだけの話ですが、たぶん私は過去にUFOに連れ去られた事があって、その時に腰になんか地球破壊爆弾的なモノを埋め込まれたと思うのですよ。記憶を消されて覚えてないだけで。間違いないです。なので私は自分の腰を大事にしなくちゃなりません。なにしろ地球が危ないですから。仕方ないのです、はい。地球のためです。この青い地球を守るために、私はあまり肉体労働をしてはいけないのです。繰り返しますが、これ秘密ですよ。

雑草の生えている地面の表面をひっくり返すだけですが、これだけでも地中に多少は空気が入りますし、雑草も少しはおとなしくなります。とはいえ、このままなにもせずに1ヶ月もすれば、また元通りになりますが。

そうなる前に、適当な花の種を撒いてごまかすのが、私の毎年の庭造りです。あ、いや、庭造り、なんて大した言葉は似合わないですね。庭造り、じゃなくて……庭ごまかし、とか、そんな感じでしょうか。庭だまし、庭イリュージョンとか、他にも思いつきましたが、庭ごまかし、が一番しっくりくる気がします。(;´∀`)

もう今年の庭ごまかしで何の花を植えるかは決めていて、既に種から苗も育ててます。それらの花が咲いたら、ここでまた写真をアップする事でしょう。

アップしなかったら、その時は今年のごまかしはごまかしきれなかったと思って下さい。

最悪でも地球破壊爆弾が炸裂しないよう、今年もちまちま庭ごまかしをするのです。はい。

スポンサーリンク

フォローする