野菜の値段高騰に対抗するには

a0002_003051

今年は、というか今年も天候不順ということで、野菜の値段が上がってます。

特にキャベツなんかがひどいですね。あとダイコンとかも。レタスは今日1玉98円で買えたので許しました。今回だけだぞ! あと、レタスはもちろん買ってきてすぐに冷蔵庫にご入場頂きましたとも。ええそりゃもう。また茶色くなるのだけは絶対阻止しなければなりません。

さて、この今回の野菜の値段高騰がいつまで続くのかわかりませんが、とりあえず農家ではない一消費者としても、何か対策を立てたい所ではあります。

近所のスーパーの特売品や、値下げワゴンの中の野菜等に目を光らせるのは当然として、他にできることといえば……やはり家庭菜園でしょうか。

既にキュウリ、ピーマン、プチトマトなどは育成中ですが、さらに何か育てるのもいいかと考え、早速行動を起こすことにしました。向かうは100円ショップダイソーの野菜や花の種を売っている一角です。まずそこかよ! というツッコミはごもっともですが、安くなんとかしようと思ったら、これ以上安い所は他にそうありません。(;´∀`)

売っているラインナップをざっと見てみましたが、野菜だとダイコン、枝豆、サヤエンドウ、あたりが良さそうです。ハーブ類なら、ルッコラ、チャイブあたりでしょうか。

頭の中で自宅の庭を思い浮かべ、ダイコンは土を耕さなければならないからあそこ、枝豆ならあの一角、サヤエンドウは支柱を立てないといけないから……などと計画を練ってみます。ルッコラやチャイブは場所をそんなに取らないので、適当に空いた場所を埋める感じで良いでしょう。

花の苗も今種から育てている分があるので、それらのスペースも考慮に入れないといけません。

なんというか、考え方としては部屋の模様替えに似ています。限られた広さの部屋の中に新しい家具を入れたいので、その配置をアレコレ脳内で工夫してみる、みたいな。部屋の模様替えと違うのは、相手が植物なので、一旦植えたらその場所をホイホイ変えられない事でしょうか。いや、その一点だけで相当勝手が違う気もしますが。

そして3分程熟考の末……やめることにしました。理由はシンプルです。ただ一言「面倒そうだわー」

計画倒れって、こういう事でしょうか。計画段階で倒れるんですから、きっとひ弱な計画だったのでしょう。現状維持って素晴らしい。うん、そう思うことにしましょう。そうしましょう。

野菜の値段高騰に対抗するには、まず私のものぐさな性格から直していかないといけないようです。道は遠いですなぁー……(;^ω^)

スポンサーリンク

フォローする