綺麗に切れる缶切り

image1

家で使っている缶切りが逝きました。

いいかげん錆びてボロボロになっていたんですが、先日ついに缶を切っていたら刃の先端がグニッと曲がってしまいまして。これではもう切れません。使えません。

仕方ないので新しい缶切りを買ってきました。もちろん、100円ショップで、です。

それがこちら。

image2

ばばーん。

ハサミというかバリカンというか、独特な形状の缶切りです。売り場で見つけて、これどうやって切るんだろうと興味を引かれ、結局そのまま買いました。

で、その使い方はというと、

image3

缶の端っこを挟んで固定しつつ、ゼンマイみたいになっている部分をクルクル回します。そうするとスパスパ切れていくという……なにこれ、こんなの初めて。

image4

切り口も凄く滑らかで、よくある普通のタイプで切った缶の切り口が、見慣れたギザギザした感じなのに比べて、尖った部分など一箇所もない、綺麗な円形に切れてます。わんだらー。

こうしてまた我が家に新しい小物が増えました。正直もっと切りたいのですが、缶切り使いたいから缶を開けるというのは不毛なのでこらえてます。いや私もいい大人だし。おっさんだし。我慢できるし。できるし。

今では缶詰というと殆どプルトップ式で缶切りを使う機会もあんまりない、というのが普通なんでしょうが、我が家では輸入物の70円とかで安く売られているホールトマトやスイートコーンを愛用しているので、まだまだ必需品です。輸入物の安い缶詰は当然のようにプルトップ式じゃありませんから。

普段使うものが新しくなると、少しだけ気分も新鮮ですね。

そんな6月の始まりなのでした。

スポンサーリンク

フォローする