ツルマンネングサとタイトゴメ

うちにある万年草の花が咲きました。

image1

これはツルマンネングサ。黄色い星形の小さい花が咲いてます。

このツルマンネングサ、けっこうあちこちで見ますね。田んぼの畦とか、川の土手とか、ちょっとした道端なんかにもたくましく生えているのをよく見ます。田んぼの畦に生えてるやつなどは、周りの雑草と一緒にしょっちゅう草刈機でバリバリ刈られてたりもするんですが、しばらくするとしぶとくまた同じ所に生えてきますね。生命力は雑草とほぼ変わりないようです。おまけに成長速度も早く、増えるのもそこそこ早いです。こういったセダム類の多肉植物は屋上緑化などにも利用されると聞いていますが、確かにそういった利用に向いている植物なのでしょう。性質は強いし、成長も早いし、花もそこそこ綺麗、ときてますから。

あとこのツルマンネングサ、タイ料理などでサラダとして食べるそうですが……どうなんでしょう。私は食べたことないのでよくわかりません。なんかあんまり美味しそうな印象がないんですよね。(;´∀`)

image3

こちらは同じく万年草セダム類のタイトゴメの花です。白く細かい花が塊になって咲きます。

タイトゴメは漢字で書くと「泰斗米」で、葉が中国の米の形に似ている事からそう呼ばれるそうですが……

image2

そのタイトゴメの葉のアップ画像がこちらです。中国の米ってこんなに粒がでかいのでしょうか。

なお、こちらは名前にコメとか入ってますが、食用になるという話は聞きません。

タイトゴメも性質は強く、病気や虫に食べられたりする事もほぼないのですが、成長速度、増えるスピードなどはツルマンネンには及びません。

これらセダム類は日陰でも育つ上、一旦根付いてしまえば水やりも必要ないので、うちみたいな日当たりのあまり良くない庭や、ちょっとした隙間スペースになんか植える、みたいな用途には重宝します。いやまあ、ツルマンネンの方はちょっとした隙間に植えてもすぐに溢れてきますけれど。(;^ω^)

ちなみに我が家の場合は、日陰でも育つという点と、これまたスギナ対策グランドカバーの戦力になることを期待して導入したのですが……やっぱりスギナには通用しませんでした。スギナ軍強すぎです。雑草力58万はあります。間違いありません。

ホームセンターや通販で花の苗や種を買おうとした時、必ず頭の中で「これスギナと戦って勝負になるかな?」と考えます。勝てずともせめて最後に一矢報いるくらいの植物戦士を求めて幾星霜……なかなかめぐり逢いません。そうして我家の庭には、細々といろんな植物が育ち、花が咲くことになりました。ある意味スギナのおかげともいえますが、そうじゃない! 私はお前を倒したいんだ! 超えたいんだ! 今に見てろよ!

……こうして、今後も庭に新たな植物が増えていくわけなのですよ。まことに果ての見えない戦いで困ったものです。

スポンサーリンク

フォローする