もうかざめの切り身

閉店時間直前のスーパー。

それは私にとって、下手な遊園地などよりもずっと心踊るワンダーランドです。

昨夜もそんな通い慣れたワンダーランドに足を運んだのですが……ありました。夢とワンダーが形となった品が。

image1

もうかざめの切り身。

定価464円の所、なんと84円。その値引率は脅威の80%超!

わ、わわわワンダー!!

ここまでの値引きはそうそうあるものではありません。台風とか大雪などの要因で、生鮮食料品にかなり凄い値引きがされる事はありますが、それでも80%超の値引きなんて稀です。もうこれは店長がなにがしかの固有結界を発動させたとしか思えません。店長、あんたの事は忘れないよ。店長、あんた漢だよ。店長……店長ぉぉぉぉぉーーーー!(大空に店長の顔)

とりあえず値段のインパクトだけで買いました。買った後でモウカザメってなに? とか思いましたが、そんなのは細かいことです。

昨夜はそのまま幸せに寝ました。

そして今朝。冷蔵庫の中にあるこの切り身を見てあらためて考えます。もうかざめって、なんだ?

食べたことはもちろん、聞いたこともありませんでした。

そんな時は今は多くの人がそうするように、ネットで検索ポチーです。

便利なもので、一発でその正体が判明しました。ネズミザメ(wikipediaリンク)、というサメの切り身のようです、コレ。

もうかざめというのは、主に東北地方での呼び名で、他にはカドザメとかサケザメなどとも呼ばれているサメだとか。

まあ、ネズミザメ、だと確かにあんまり食欲湧きませんよね。(;´∀`)

ではその正体も判明したことという事で、早速焼きましょう。

image2

じゅー。

ごはんのおかずの方が良いかなとは思ったのですが、朝はいつもパンなので、パンに挟むことにします。

image3

完成形がこうだ! どん!

ソースなんかは一切かけませんでした。切り身に付いていた衣には味付けもされていたので、味はそれのみです。

肝心の食べた感想ですが……結構イケますね、これ。切り身そのものが厚めだったので適当に歯ごたえもあって、食べごたえもあります。サメの肉というのは放っておくとアンモニア臭がしてくる、というのは聞いていたのですが、このもうかざめはそのアンモニア臭が比較的薄いそうで、確かにそれっぽい香りもほのかーに感じましたが、サメの肉だと言われなければわからないんじゃないかと思うくらいのレベルでした。

あと、衣が美味かったですね。香草チーズ焼きとかラベルにありましたが、塩味もついてます。もうかざめそのものの肉は白身でほぼ味がないようなものなので、衣やソースの味が良ければ、美味しくいただけるんじゃないかなと。アンモニア臭を打ち消す効果も期待できるので、香草焼きが良いのでしょうね、おそらく。

これで84円は、まさに美味しい買い物でした。満足。

残りの切り身は、ごはんのおかずでいきますよー♪

スポンサーリンク

フォローする