竜巻注意情報の罠

a0731_000322

朝のニュースでは午後から雨と言われ、昼くらいにはTVにテロップで宮城県内に竜巻注意情報が出された、と出たので外に出る予定をキャンセルしてずっと屋内にいたのですが……

結局夜になった今でも、雨なんて1滴も降ってませんよー\(^o^)/

天気予報、降らないって言われて降るよりも、降るって言われて降らないほうが納得出来ないというか、破壊力高い気がします。こんな事なら気にせず外に出るんでしたよ。

ちなみに竜巻注意情報ってなんじゃい、と思って調べてみたら、これって発表されてから1時間が有効期間なのだそうで。昼の12時に発表されたら、1時にはもう有効期間切れなのですね、これが。それを先に教えて下さいよ、って話です。(;´Д`)

竜巻注意情報って、出されるようになったのは最近ですよね? 始まったのはここ数年の事なんでしょうか。去年は少なくとも宮城県内で出された、なんて聞いたような気がしなくて……はて。

危険が予想される気象情報を細かく出してくれるのはそりゃありがたいのですが、地震なんかと違って、それこそ雷雨だの竜巻なんてのはもっとスポット的、局地的ですからねぇ。最終的には自分で空を見上げて、自己責任で判断したほうが良い場合も多いのではないかと。そう思いましたですなー(;´∀`)

スポンサーリンク

フォローする