ドライプチトマト

image1

真夏の太陽に連日苦しめられておりますが、苦しめられるだけではあまりにもせつないので、少しは有効利用するべく天日干しでドライトマト作ってます。

上の画像は今日から干し始めた乾燥1日目、朝から夕方まで干したものです。ネット越しなのでよくわからないですね、この画像。(;´Д`)

まだ水分が残っていて、少ししなびた程度、といった感じです。3~4日も干せば、そこそこ良い具合になります。天気さえ良ければ。最悪天気が悪いと腐ってカビが生えます。私は泣きます。

まあ、呆れるくらい天気良いですし、天気予報を見ても晴ればっかり並んでいるのでたぶん大丈夫でしょう。食べきれないプチトマトはこうやって片っ端から干して保存パックに入れ、冷凍庫に入れておくと、冬まで十分食べられます。立派な保存食ですね。

多少天気の具合が怪しかったりする可能性がある場合は種を取って干したほうが乾燥しやすくて安全です。種の所が一番水分多いですからね。そこさえなければ腐る可能性も一気に低くなるわけです。が、その場合は皮だけのドライトマト、という見た目になるので正直イマイチです。

今年は庭のプチトマトも結構豊作なので、ドライトマトもたくさん作れそうです。

それとは対照的に、キュウリとピーマンが暑さにやられたのか、今年は全然ダメです。全くというほど実ができません。これから持ち直してくれるといいんですけどねぇ……(;´∀`)

スポンサーリンク

フォローする