影牢~トラップガールズ~プレイ動画を撮ってみました

タイトル通り、影牢~トラップガールズ~のプレイ動画を撮ってみました。

使用ツールはAmarecTV、あとWindowsムービーメーカーで動画形式を変換&圧縮してます。

……思っていたより簡単に撮れるものなんですね。なんで今までやらなかったのやら。(;´∀`)

今月10日からの艦これ夏イベントも、クリア動画くらいは撮れそうです。

それはともかく、影牢~トラップガールズ~なんですが……

とりあえず現在公開分の全シナリオ、3章第一話シナリオ10まではクリアしました。

トラップの組み合わせは、動画と同じ7種類です。トラップコンボは基本テツクマデスタートで、ベアトラップ系に耐性のある敵にはニードルスピアかシャークブレードから入ります。そこからアローシューターぶつけてペンデュラムでアーマーブレイク、という流れですね。

この土日はこのゲームばっかりやってて潰れました。はっはっは。

で、そんな私の感想ですが、面白いか否かと言われたら面白いです。元々私影牢シリーズ好きですし。最初は所詮ブラウザゲーだしDMMだし、という事でそれほど期待してなかったんですよね、失礼な話。が、そんな私の先入観は単なる杞憂でした。申し訳ありませんでした!(土下座)

が、このゲームが万人にオススメできるかどうかと言われると……それはちょっと違うかな、という感じですね。

ゲームそのものはコンシューマーの影牢シリーズに準じているのでいいんですが、ブラウザゲームとしての部分、ぶっちゃけ課金要素が少々エゲツナイです。

まず、表題にもなっているトラップガールズ、要は罠の化身みたいな存在を集める事もゲームの重要な要素なわけですが、初期状態だとこれ、35体までしか持てません。

ゲームを進めていくと現状でも最高1グループ8体x6グループまでグループを組むことができるのですが、いや、そもそも35しか持てないじゃん! という状態です。(8/2現在罠娘の種類は43種類)

あと、罠娘に「アーマーブレイク」(敵の衣服を剥がすことで防御力や抵抗力を大幅に低下させる)や「攻撃力上昇」といったアビリティを個別に複数付与する事ができるのですが、このアビリティを作成するには「レシピ」と「素材」が必要になります。

素材はステージクリア時にいくつか入手する事ができ、レシピは「華麗」「残虐」「屈辱」の3種類の魂を消費する(この魂もステージクリア時やクエスト報酬で入手します)ことでランダムに生成、入手する事ができるものです。これらレシピと素材は初期状態では合わせて75個まで持つことができますが……なんとこのレシピや素材、同じものが手に入ってもポーションx99、みたいにまとめられることはなく全部ひとつひとつ個別にカウントされてしまうので、あっという間に溢れます。私は3章に入る前にはもう溢れてました。ならアビリティにして……とは当然思うわけですが、レシピに合う素材がなかなか揃いません。そういった場合はどうするかというと、罠娘に与えて経験値の足しにするか、還元(という名の破棄)をしてWarlに変換します。Warlって何? って事ですが、ぶっちゃけ他のゲームのお金みたいなものです。

そしてこのWarl!

Warlは罠娘個別に消費値が設定されており、グループに入れてバトルに連れて行くたびに消費します。リーダーとしてプレイヤーが操作する罠娘は敵から攻撃を受けてダメージを追うこともあるわけですが、そのダメージを回復させるのに消費するのもWarlで、リーダー以外でバトルに参加した罠娘の疲労度を回復させるのに必要なのもWarlです。

罠娘にアビリティをつけるとそのアビリティによって罠娘の消費Warlの値が上昇し、ヘタすると初期値の倍どころか3倍以上のWarlが必要になったりもするので、とにかくWarlは必要です。普通にプレイしていて最初に不足してくるのが大体このWarlでしょう。

Warlは時間で自然回復もしますが、微々たる量なのでそれはあんまりアテになりません。節約しようと思ったら、バトルに連れて行く罠娘にはあんまりアビリティをつけない、バトルに連れて行く罠娘の数を少なくする、等の対策が必要になってきます。いやあの、これってトラップコンボゲーですよね? もっと気持ちよくプレイさせてよ! と血涙しそうになります。

Warl消費を抑えるアビリティもありますが、そもそも素材集めが個数的に厳しいですし、他にも使わないアビリティをアビリティの付いている罠娘に食わせる事でアビリティのレベルを上げ、消費値を少なくする、という手段もあるのですが、いやだからそのアビリティが作れないんだってば、という堂々巡りになるわけでして。(;´Д`)

最終的に私は「もうアーマーブレイク以外のアビリティなどいらぬ」と決めて、アーマーブレイクのレシピと必要な素材以外は全てWarlに還元してました。

一方で「華麗」「残虐」「屈辱」の3種類の魂はWarlに比べたら嘘みたいに簡単に貯まります。

この3種類の魂は、新たな罠娘を生成する際に必要となる他、1000消費する事で10個のアビリティのレシピ他に変換する事もできます。なので、魂が貯まってきたらレシピにして、それをさらに全てWarlに還元する、という手も使えます。というか、それをやらないとせっせとバトルしながらWarlを一定水準に保つ、なんてことはできないでしょう。なんでしょうか、この魂の自転車操業は。

あー、ちなみに罠娘の所持数も、素材やレシピの所持数も、DMMポイントで購入できます。こんちくしょうめ。罠娘は500円で5枠追加、アイテム枠は250円で所持数+5、だそうです。罠娘の枠は買うかもですが、アイテムの所持数は……値段設定どうみてもおかしいですね、これ。実際プレイしている感覚として、今後のことも考えるとアイテム所持枠200でも足りると思えないんですが……

……とまあ、ごちゃごちゃ思うまま書き散らかしましたが、快適にプレイしたけりゃ課金しな! という空気がどうしても臭ってくるのを除けば、ゲーム自体は良いと思いますよ。それが今のところの私の感想です。あと、艦これって、やっぱり凄いよねって思いました、はい。

他、細かい不具合もまだまだありますし、トラップの練習、性能確認のプレイモードがないのも不満ですが、まだサービスが始まったばっかりですしね。これからですよ、これから。

何度も言いますが、影牢シリーズ好きなので、これも細々とでも付き合って行きたいですね。

※関連記事

本日も影牢~トラップガールズ~の動画を撮ってみました

※おまけ

干して2日目のプチトマト。

image1