FLASHの先行きとUnity

HAW86_muttoshitanekotonezumi500

現状、私のゲーム制作はFlashをメインに、一部HTML+Javascript+PHPで組み立てたゲームも自分のサイトで公開しています。スマホのアプリも同様でして、この2つのツールというか、手段で作っています。

FLASHというのは、もうだいぶ前から斜陽だの終わりだのと言われておりまして、amazonなんかで検索しても、もうここ最近は新規のFlashの入門本やテクニック本などは出ていません。

スマホのブラウザなんかは、iosは最初から、androidにしてもバージョン2.3以降はサポートされなくなっています。

つい最近は、youtubeでもPCで見た時のデフォルト再生プレイヤーをFlashからHTML5にするという発表がありました。

……着々と終わりに近づいております。( ̄▽ ̄;

とはいえ、Flashで作られたゲームというのは今でも毎日世界中で新しいものが公開されていますし、艦これだの刀剣乱舞だのといったWEBゲームもその殆どはFlashです。WEBで遊ぶゲームに関しては、まだFlashがかろうじて強いと言えるでしょう。PC向けに関しては。

スマホのアプリも、adobe AirというスマホでもFlashを動かせるようにする環境で構築されたモノを用いて作成すれば、とりあえずアプリは作れます。実際私もそれでやってますし、そうやって作られたアプリも少なくはありません。

ただ……それもいつまで続くのか、なんですよね。(;´Д`)

スマホアプリにしろWEB向けにしろ、Flashはこの先どんどん使われなくなっていくのでしょう。それはそれで仕方ないです。

とはいえ、個人製作者が手軽に使えて、その上Flashに取って変われる程の制作環境って、いまだにこれだ! とはっきり言えるものが見当たらないのです。

HTML5とJavascriptで確かに同じような事はできますが、Flashほど手軽に簡単に、とまではいきません。特にグラフィック関連、画像やキャラ絵を動かしたりアニメーションさせたりといった事を実行しようと思ったら、Flashの方が遥かに簡単にできます。

ゲームという形態に限り、WEBで公開できてさらにスマホのアプリにもそれほど手間をかけずに転用できる制作環境というと……今だとUnityが挙がるんでしょうけれど、これはこれでFlashの代わりになるかと言われると、うーんと唸らざるを得ないんですよね。

Unityはもともと3Dのゲームを手軽に作れるというのがウリのツールで、画面上に置いたオブジェクトに対してものすごく簡単に加速度や重力を設定できます。これは凄いことです。

専用のアセットストアには無料で使用できるグラフィックも大量にあります。

作ったゲームはWEBで公開出来るだけでなく、iosやandoroid向けのアプリとしても作成できます。

もともと3Dゲーム向けでしたが、最近のバージョンでは2Dゲーム向けの機能も大幅に強化されました。

ゲーム制作のツールとしては製作者も世界的に多く、現在最も勢いがあるゲーム制作ツールである、と言っても過言ではないでしょう。

……ただし!

それはあくまで「ゲーム制作ツール」としての評価です。

Flashのようにアニメーションの映像作品まで手軽に作れるようなものではありません。Unityでもできないとは言いませんが、それに関してはFlashの方がずっとお手軽です。

あと、Unityは基本的な事なら無料のバージョンでも十分なんですが、すべての機能を使用しようとすると有料になります。そのお値段はなんと162000円です。じゅうろくまんえん、です。気軽に払えるお値段じゃありません。少なくとも私はとてもじゃないですけどお支払いをする気になれません。お前は昔のadobe製品か!

それと細かいことですが、Unityの無料バージョンで作ったゲームやアプリは起動する前に必ず画面にUnityのロゴが表示されます。有料バージョンでないと、このロゴは非表示にできません。お前は昔のツクール製品か!

実はUnityは既に私のPCに入ってまして(もちろん無料版です)、入門本も何冊か書い、Webで調べたりもしてちょこちょこお勉強を始めてます。

しかしながら勉強すればするほど「Flashの方がいいなぁ……」と遠い目になることがしばしばだったりしまして。(;^ω^)

もうこのままFlashがWeb世界から絶滅するまで付き合ってもいいんじゃないか、って想いすら芽生え始めております。これってなんでしょう……母性?(ぇー

どうやら自分で思っていた以上に、私にはFlashでのゲーム作成という水が合っていたようで。あらためてその事に気付かされた気がします。

そんなわけですので、今後も私は基本的にFlashでのゲーム作成、たまにHTML+Javascriptでゲーム作成、もしかしたらUnityでもなんか作るかもしれないけれどその可能性はまだ低し、という方針になるかと思われます。いや、ある日突然Unityで作ったら面白そうなモノを思いついていきなりUnityで作り始める、という可能性もゼロではありませんが。(;´∀`)

世の中には言霊が降りてこないから書けない、などとのたまう作家さんもおられるそうで。

私も言霊ならぬゲーム魂が降りてきたら、それもUnityで作るのに最適なゲーム魂だったりしたら、おじさん後先考えずに作っちゃうよ、という事ですね。

ちなみにゲーム魂は4つくっつけると消えます。恐ろしいことです。くわばらくわばら。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. ラリルレロ より:

    お引越しされたとのことで駆けつけましたが、どうやってコメントするのかめっちゃ探しました(笑)
    まだ跡地の方の印象が強いので徐々に慣れていかないとですかね…

    自分も最近ながらく放置してたTwitterをぼちぼちいじり始めましたので、改様のところに飛ぶ手段が見つかればフォローしに伺いたいと思います(

    ちなみにこちらブログはひこうかコメントは可能なのでしょうか?

    • 実は私もまだ慣れておりません。(;´Д`)
      ブログはもちろんですが、ツイッターなんて完全にブラックボックスです。コーラの瓶を手にしたブッシュマンみたいな感じになってます。(古っ

      非公開コメントですが、とりあえず設定でなんとかできそうな感じではないようです。
      なので、コメントを非公開にしたい場合は、名前か本文に(非公開)とか一文書き加えて貰えれば、こちらで公開しないようにしたいと思います。思いっきり手動です。(;^ω^)

      コメント入力部分の上にも、とりあえずその旨を太字で書き加えてみました。
      この手が一番早くて確実そうな手段っぽいようなので、これでなんとかいこうかな、と。(;´∀`)