暖房on

a0001_013562

本日は冷たい雨。そして日中から部屋の中でも気温が12度そこそこしかないという、なかなかの寒さっぷりでした。今シーズン日中でもここまで気温が低かったのは初じゃないでしょうか。さすが11月、やるじゃねぇか。

ということで、いい加減これ以上暖房を控えていたらさすがにイカンだろうという事で、ファンヒーターを起動することにしたのですよ。もっと本格的な寒さが来る前に、ファンヒーターがまともに動くかどうか確かめておく必要もありましたし。

灯油は去年の残りがあったのでそれを補給。コンセントにプラグをイン。エネルギー充填120%。総員対ショック、対閃光防御。ファンヒーター……発射!

……しばらくしまっておいてしばらくぶりに火を入れたファンヒーターって、起動時に変な匂いが出ますよね。うん、それを身をもって思い出しました。毎年の風物詩ですな。( ̄▽ ̄;

そんなこんなで無事起動を確認。うちのファンヒーターは3時間運転を続けると消し忘れ防止装置が働いて警告音が鳴り、そこから10分のうちに連続運転ボタンを押さずにいると自動で消えます。今回はテストということもあって、3時間でそのまま運転を終了させました。コンセントは繋いだままです。抜くと時計がリセットされちゃうんですよね。以後、今冬終了までファンヒーター君はコンセントに繋ぎっぱなしです。

image1

そして入れ替わりでこちらを起動させました。これはカーボンヒーターで、強の消費電力300w、弱なら150wというシロモノです。電気ストーブの半分以下の消費電力でありながら暖かさは電気ストーブに匹敵かそれ以上という優れものなのですよ。去年の2月くらいにヤマダ電機で投げ売りされていたのを買いました。確か3000円しなかったはず。これをデスクの下に置いておけば、足元はバッチリです。高さは50cmもありませんので、デスクの下に入るんですね。性能はもとより、買ったのはその大きさに魅力を感じたのが大きいです。

今年の冬はこれとファンヒーターで立ち向かうのですよ。(≧∇≦)/

スポンサーリンク

フォローする