雨、そして内容がない散文

a0960_006348

ほぼ1日中雨が降ってました。冬の雨ってのは冷たくて外に出る気が失せます。寒い上に外に出たら濡れるって、そんなん喜ぶ人はあんまりいないでしょう。夏ならカエルとか喜びそうなものですが、今はもうカエルも冬眠してます。そして私はカエルじゃありません。当たり前ですが。って、何書いてるんでしょうか、私。ま、内容がないのは今に始まったことじゃないですけれども。( ̄▽ ̄;

白状しますが、こうやって天気のこととかいきなり書いちゃってる時は、たいてい何も書くことが思いつかない時です。思いつかないんだったら書かなきゃいいだろと思うかもしれませんが、毎日更新するのが習慣、というか半分意地になっているので、可能な限り毎日書くわけですね。書かないと、なんか気持ち悪いわけです。内容がない散文でも、ここにこうして出さないと気が済まないと申しましょうか。いうなれば……毎日のお通じみたいなものですね。出さないとキモチワルイのが共通項です。こうやってお通じみたいな文章見せられる方はたまったものじゃないかもしれませんが、なーに、世の中にはそういうのが好きな人だってきちんというわけです。知ってるんだぞ!m9( ゚Д゚) ドーン!

と、まあ、ここまで書いたら少しスッキリしてきました。よし、今日のお通じこれにて終了!

スポンサーリンク

フォローする